FC2ブログ

プレイキャラクター

MH3G

1st-character クバート

NAME:Qubrat  HR:101

2nd-character リリー
NAME:Lily  HR:120

MHP3

1st-character 幻蔵

NAME:幻蔵  HR:6

2nd-character 火乃和
NAME:火乃和  HR:3

MH3

1st-character Qubrat

NAME:Qubrat  HR:225

2nd-character Lily
NAME:Lily  HR:180

MHP2G

1st-character Garahad

NAME:Garahad  HR:9

2nd-character Luna
NAME:Luna  HR:9


最新記事


癒しの空間


月別アーカイブ


リンク


攻略・参考サイト


GAME


最新トラックバック


マイルーム


MHP3の新種モンスター

MHP3:ドボルベルグ 

公式サイトの方で、新たなモンスターが紹介されてました。


山薙ぎの剛槌こと、尾槌竜ドボルベルク。

苔むした岩かと見まごうほどの外殻に身を包み、
湾曲した角と巨大な尻尾に特徴を持つ。

一見鈍重そうに見えるが、重い尻尾を巧みに利用して
ジャンプしたり、思わぬスピードで迫ってくる。
強力な尻尾の攻撃は、
大地を揺さぶるほどの威力があるという。

主に、森林地帯に生息しているようだ。


MHP3のPV第3弾! やつらは存在した!

MHP3:PV第3弾 
MHP3の新たなPVが公開されてます。公式サイトはこちらです。

今回のPVには、待ちに待ったあの方が登場しています。щ(゚Д゚щ)
そして何よりも、あの大砂漠の超巨大古龍の姿さえ・・・。

ほかにも新種のモンスターやあの亜種の存在が確認できます。
うん。こりゃあ見るっきゃないね!(・∀・)/

続きを読む »

MHP3の亜種モンスター と、その他諸々

MHP3:亜種モンスター (1)
公式サイト
の方に更新がありました。
興味がございましたらご覧になられてはいかがかと。


3体の亜種モンスターの情報が公開されてました。

まずは、
紅きエレクトリックスター、紅彩鳥ことクルペッコ亜種。
赤色を基調とした鮮やかな羽を持ち、声マネや踊りを得意とする。
ノーマル種との違いは、
両翼の電気石を使い、電気を発生させることができる。


次に、
氷冠の暴走王、氷砕竜ことボルボロス亜種。
泥ではなく、雪や氷を体にまとい、それらを撒き散らしたり、
地表の氷塊を投げ飛ばしてくる。
大きな頭殻での頭突きを得意とするようである。


続きまして、
紫毒の水獣、紫水獣ことロアルドロス亜種。
見るからに毒々しいタテガミには、
体内で生成された毒液が蓄えられている。
毒ブレスや毒散布もさることながら
俊敏さを活かした肉弾戦が多彩である。


といった具合ですが、モンス情報の他に
クエスト新システム情報が記載されてます。

臨時ポーチやルアー釣りに鑑定アイテム、
そしてあの三度笠の謎アイルーの詳細などなど。

気になった方はご覧あれ~。

MHP3rdの新たなるモンスター その2

3rd:新種のモンスター
公式サイト
の方に更新がありました。

新種のモンスター情報が公開されてます。
興味がございましたらご覧になられてはいかがかと。


まずは、砂原の大食漢、潜口竜ことハプルボッカ。
どうやらその生態は、
砂山に擬態し、砂中に身を潜ませて、
すぐれた聴覚を生かし獲物を襲うという。

まさにこいつは、チャナガブルの生まれ変わり!


つぎに、赤き獣弾、赤甲獣ことラングロトラ。
主に火山地帯に生息し、
分厚い甲殻に覆われており、球状になって転がり移動するとか。
非常に長い舌が特徴で、麻痺性の液体を分泌するようである。

まさにその姿は、アルマジロとアリクイの融合!


続きまして、悠然たる草食竜、垂皮竜ことズワロポス。
水没林などの水辺に棲息。
分厚くたるんだ皮膚は防熱防水性にすぐれているため、
火山地帯でも見受けられるようだ。
草食竜ではあるが、
飛竜に対して怖じることはない勇猛さを内に秘めている。

まさにこのギャップは、進化を遂げたカバ!


最後はおまけ程度で、丸鳥ことガーグァ。
渓流に棲息する、飛べない鳥竜種。
古くから家畜として親しまれてきたようで、
驚くと、まれに卵を産み落とすらしい。

まさにこれは、巨大化したただのニワトリ!


…といった情報がございました。

MHP3rdのPV第2弾! と、その他諸々

MHP3rd:武器イラスト 
公式サイトのほうに更新がありました。

今回はなんと!

新たなPVが公開されてますよ!

こりゃあ見るっきゃないでしょ!!
情報公開されてないモンスターの姿も映ってますしね(-∀-)

他にも各武器のイラストが一新され、
各武器の操作方法が載っており、
新アクションについても説明がなされてます。

PVを見て個人的に心躍ったのが、双剣の動きです。
なんですかあの華麗な剣さばきと
ステップとは違う迅速な横移動(たぶん鬼人回避なのだろう)。

これまではガンランスに魅力を感じていましたが、
機動力と手数を合わせ持つ武器を愛する私にとっては
この3rdの双剣、メイン武器になるかもしれぬ・・・((((;゚Д゚))))

と言いつつ、
結局は需要の低い片手剣から始めるのだろうけども。

続きを読む »

MHP3rdの新たなるモンスター

MHP3rd:新モンスター (1)
公式サイト
のほうに更新がありました。

新モンスターと、各生態情報が掲載されています。
興味がある方はご覧になられてはいかがかと。


以前からの注目株、雷狼竜ジンオウガは、なんと!
「超帯電状態」という放電能力を持つらしいのです。

これはまさしくトライの海を群雄割拠していた
あやつの生まれ変わりではないでしょうか?


青熊獣アオアシラについては・・・
えーっと・・・これと言ってなし。

特別なことは記載されてませんでした。


続きましては新モンスター、白兎獣ウルクスス。

大きな耳と白い体毛の牙獣種であり、凍土に棲息。
氷の上を巧みに滑り、氷塊なんかを投げつけてくるようです。
聴覚が発達しており、獲物を瞬時に察知できるものの、
大きな音には弱いとか・・・。


そして最後にもう一種、毒狗竜ドスフロギィ。

なんとも喉元が特徴的な鳥竜種でございます。
カエルのように喉を膨らせ、毒を生成し、
霧状の毒を撒き散らすようです。


・・・と、いった具合に、新情報が公開されてましたよ。

MHP3rdの情報が更新してます

MHP3rd(1) 


MHP3rdの公式サイトが更新してます。

興味がある方はご覧になられてはいかがかと。
片手剣の紹介ページに謎のモンスターが写ってたりしますし。

使用武器の紹介で
気になっていた追加アクションが紹介されてました。

双剣の鬼人化を超える「鬼人強化」、
ガンランスの1発だけの装填「クイックロード」や
全弾放出の「フルバースト」など。
弓では天より矢を降らす「曲射」なるもの、
ヘヴィでは連続射撃が可能な「しゃがみ撃ち」が追加のようです。

嗚呼・・・発売が待ち遠しい・・・。

現在浮気中につき…

えー・・・なんとも不貞な記事タイトルですが、
これはもちろん恋愛のことではなく、ゲームのことです(>□<)ノ

いつぞやのコメントでも言いましたが
最近は他のゲームにうつつをぬかし、
モンハンに触れておりません。

正直に申しますと、6月は課金のついでにオンした
1回しかプレイしてないのです。嗚呼・・・お金がもったいない><;

私はどうも、とくにゲームにおいては、
複数のゲームを並行して遊ぶことができず、
1つのゲームだけに熱中してしまうようなのです。

なので現在、他のゲームに魅了され、
悲しいかな、モンハン熱がそがれています・・・。゚(゚´Д`゚)゚。

そんな理由がございまして、
ブログの更新が間延びしていきそうな気配がじわじわと
醸し出しはじめたので、ここは一言、
皆様にお伝えしておかねばと思ったわけなのです。

毎日来てくださっている方もいるかもしれないので、
そんな方にはとても申し訳ないのです。


というわけでして、
ブログの更新がこれまで以上に遅くなるかもしれませんが
これからも狩人綺譚をよろしくお願いします。<(_ _)>


※ 以下の続きは、今ハマっているゲームを紹介しておきます。
   モンハンの記事ではないので、スルーして頂いて大丈夫です。


続きを読む »

待望の新作!MHP3rd!

MHP3rd.jpg 


ついさっき、夫婦ブログさんのところで初めて知ったんですが

いや~、ついに出るんですね、PSPでの新作が!

それも発売日が2010年末ですって!!


武器も既存のMHP2Gの武器種にスラッシュアックスが追加された

全12種類で、モーションも新しく生まれ変わっているようです。


個人的には、トライの片手剣モーションがお気に入りだったので

嬉しい限りですし、スラアク追加も喜ばしいことです。(-∀-)うふ


モンスターも新モンスが登場してますし、

トライの面々もご健在のようです。

この新作では水中が無くなったようなので、

ラギアやチャナはいないかもしれませんけども。


あと、オトモがアイルーですね。

驚きなのは、アイルーがハンター同じく

武器と防具を装備していることです!

それも2匹連れていけるようです!

よりソロでも楽しめるようになっているのかな?


いやはやこれはもう楽しみでしょうがないですね~。


続きを読む »


««前のページ  | ホーム |