FC2ブログ

プレイキャラクター

MH3G

1st-character クバート

NAME:Qubrat  HR:101

2nd-character リリー
NAME:Lily  HR:120

MHP3

1st-character 幻蔵

NAME:幻蔵  HR:6

2nd-character 火乃和
NAME:火乃和  HR:3

MH3

1st-character Qubrat

NAME:Qubrat  HR:225

2nd-character Lily
NAME:Lily  HR:180

MHP2G

1st-character Garahad

NAME:Garahad  HR:9

2nd-character Luna
NAME:Luna  HR:9


最新記事


癒しの空間


月別アーカイブ


リンク


攻略・参考サイト


GAME


最新トラックバック


マイルーム


双角竜vs銃ver.1

双角竜vs銃ver.1

今回は、ディアブロス2頭にボウガンです。

私はずっと待っていた。
岩場の陰に身をひそめ、息を殺しながら、
じっとやつが現れるのを待ちわびていた。

しかし、やつは一向に現れない。

太陽が昇り、月が沈む。そしてまた太陽が顔を出す・・・

今見上げている月はここに来ていったい何個目の月だろうか?
ふとそんなことを思ってしまうほど、精神が病られはじめていた。

いや、精神だけではない。
砂原での昼夜の気温差に、肉体も悲鳴を上げている。
それに加え、すでに食料も底を尽いていた。

しかし、やつの姿はまだない。

この月が沈んだら諦めることを決意したとき、
あることに気がついた。

砂中を泳ぐデルクスの群れがいつもと違うルートをとっている・・・。

いやそれどころか、群れに統率がなく、
まるで何かにおびえ、逃げ惑っているかのような・・・

その時、大地が小刻みに揺れているのを感じた。
その瞬間、地鳴りのような音が聞こえ、
地平線の向こうに砂塵が舞っているのが目にとまった。

きた! やつだ! やつに間違いない!!

このままやつを見逃してはならない。
このままやつに通り過ぎられてはならない。

岩場の陰から飛び出し、
やつの線上に立ちふさがろうとした時だった。

私の背後でやつの咆哮が聞こえたのだ。
前方からではなく、後方からやつのおぞましい声が聞こえたのだ。

背中に冷たい汗が伝うのを感じずにはいられなかった。

ディ・・・ディアブロスが・・・2頭だと・・・。

そんなバカな!
2対1など勝ち目がなさすぎる!そのうえ挟み撃ちとあっては!

いや、そもそもディアブロスが同じ場所に2頭そろうはずがない!
そろうとすれば・・・

そうか・・・、やつらは共闘ではなく、決闘をしに来たのだ。
自分のテリトリーを広げるために、
この砂原全域をどちらが治めるか決するために。

となれば、この戦いは三つ巴。
こちらにも勝機はあるはずだ!

―――――――――――――――――――――――――――
双角竜vs銃ver.1 (2) 
双角竜vs銃ver.1 (3) 
双角竜vs銃ver.1 (4) 
双角竜vs銃ver.1 (5)

ボウガンでの2頭クエでは、
このディア2頭が難攻不落の牙城と思っていたので、
時間切れにならずに済んで良かったです。

が。
すべては運が味方した、と言っても過言ではありません。

2頭の合流&乱戦はなく、
両方ともに疲労困憊状態をフル活用できたのです。
くわえて、怪力の種を使用し、
効果持続のスキルも完備してました。(-∀-)

それでいて、討伐時間がギリギリに迫っているので
混戦があったら時間切れが確実だったような気がします・・・。

貫通主体のボウガンでは、弱点である腹も尻尾も
ピンポイントで当てるのは至難の業なので
討伐には時間がかかってしまうのでしょう。

なにか有効な対ディア戦術はないものでしょうかねぇ(´-ω-`)ゞ

それでは、ソロリストを更新しておきましょー。(・∀・)/


前半戦



後半戦




装備
双角竜vs銃ver.1 (6) 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://karyuudokitan.blog46.fc2.com/tb.php/255-dca5ccdd

 | ホーム |