FC2ブログ

プレイキャラクター

MH3G

1st-character クバート

NAME:Qubrat  HR:101

2nd-character リリー
NAME:Lily  HR:120

MHP3

1st-character 幻蔵

NAME:幻蔵  HR:6

2nd-character 火乃和
NAME:火乃和  HR:3

MH3

1st-character Qubrat

NAME:Qubrat  HR:225

2nd-character Lily
NAME:Lily  HR:180

MHP2G

1st-character Garahad

NAME:Garahad  HR:9

2nd-character Luna
NAME:Luna  HR:9


最新記事


癒しの空間


月別アーカイブ


リンク


攻略・参考サイト


GAME


最新トラックバック


マイルーム


ロマンを追い求めて 第2章

ロマンを追い求めて:第2章 

ある女は言った。

「やらないで後悔するより、
やって後悔したほうがいいって言うけど、なぜだか知ってる?

やって後悔した分の時間はけっして取り戻せないから
それだけ時間の無駄かもしれないけど、
やらないで後悔すると”心残り”を一生ひきずるのよね。

この心残りって、とても重要なことなのよ。

ひとは生まれたとき、誰しもみんな心の大きさは平等なの。

でも人生を送って行くうえで、いろんな事を経験して、
心にやり残した後悔や改められなかった過ちを残してく。

それらが一つまた一つと心を占領して、
だんだん心のスペースがせばまっていくの。

だから心残りが積み重なれば積み重なるほど、
心の狭いちっぽけな人間になるのよ。

誰だってそんな人間にはなりたくないし、
心は大きくありたいじゃない?

そのためにも心残りを残さないように、
今やれることは今するべきなの。

ね? あなたもそう思わない?」



ある男は言った。

「この世界に凝り固まった概念をくつがえすのは、
生半可な意志では到底無理なことだ。

だってそうだろ?

あたりまえのことがあたりまえでない時代、
誰がこの大地を球体だと信じる?
誰がオレたちは猿から進化したなんて信じる?
誰が広大な海の果てに
オレたちと同じように暮らす人間がいると信じる?

でもオレたちは今、それがあたりまえの事として生きている。

だったら、なぜ変わったんだ?

それは、最初にその考えをとなえたやつが
最後まで”自分”を信じきったからさ。

ただそれだけのことなのか?と思うかもしれないが、
ただそれだけのことなのさ。

でもそれはけっして容易なことじゃないぜ。

もしアンタが何かを見つけ、何かを変えたがっているのなら、
とことん最後まで不変の努力でやり続けることだな。

たとえ人生を棒に振ろうとも、他人になんと言われようともね。

ただそれでも、何も変わらないままアンタは命尽きるかもしれない。
アンタにはそこまでの覚悟があるのかい?

でもそんな人間には神様からプレゼントで、
アンタの遺志を継ぐ者を代わりに出現させてくれるだろうけどね。

え? そんなのプレゼントじゃないって?
だったら自分のちからでなんとかするんだな」

―――――――――――――――――――――――――――
ロマンを追い求めて:第2章 (2)

えーーっと。
ずいぶん長い前フリになってしまいましたが。

今回は、大好評につき、ロマン・シリーズ第2弾でございます。

だれですか?今、
「これ大好評だったの?」
とか野暮なツッコミ入れた人!

ほらそこ!
「てか誰が大好評なんて言ってんの?」
とか空気読めない発言は控えるように!

なになに? 言ってるのが誰か知りたいって? ならば・・・

あえて言おう。

私だと!


……。

………。


ようやく静寂になったので、本題へ戻らさせて頂きます<(_ _)>

前回、ヴォルショットを特定のモンスターに使えば、
貫通仕様のボウガンを超える強さを秘めているのでは?
ということで実践しましたが、今回もそのようなことです。
 
とある弾の性質を知りまして、というか忘れておりまして、
この弾なら特定のモンスター&フィールドにおいては
貫通弾を凌ぐ強さがあるのでは?
と思い至ったので、その弾を使っていっちょ戦ってきました。

ちなみにその弾は、突起物に集中する特性があるやつです。 


ではまずは、動画からどうぞ。


※ 以下、ネタバレ厳重注意!

























ロマンを追い求めて:第2章 (3) 
ロマンを追い求めて:第2章 (4) 
ロマンを追い求めて:第2章 (5) 

キタ――(≧∀≦)――!!

キタこれ散弾! 散弾キタこれ!!

うん。良い結果が出たんじゃないですか!

以前に貫通仕様で行ったときは29分台だったので、
あきらかに早くなっているし、ていうか戦いやすいんですけど!

なにせ水中では照準が困難なので
適当に銃口を向けるだけでいい散弾は楽だし、
そのぶん安全なポジショニングにつけやすいし、
目に見えて被弾率もぐっと下がったし、
良いこと尽くめですよね!

ふっふっふ。 (-∀-)
これは新たな時代の波が来るぜよ。

水中ラギア戦には散弾が主流になるぜよォォォ!


ひとりでも頭狙いでけっこうラギアはのた打ち回っていたから
もし4人の散弾ガンナーで標的にしたら・・・
嗚呼・・・怖い、怖すぎる・・・。((((;゜Д゜))))ガクガクブルブル
きっとラギアは永遠にのた打ち回ることになるんだ・・・。

こほんっ。

えー、なんだか妙なテンションになってしまいましたが、
今回のロマンはロマンで終わることなく、
実際に貫通弾を超えたと言っていいんではないでしょうかね?

もしかしたら、
ラギア以外にも散弾が有効なモンスターがいるやもしれません。

しかしそれは、貴方の目で直接確かめて頂きましょう。


というわけで。
ロマン・シリーズ第2弾でした。( ´∀`)ノシ

コメント

すごいすごい!

今日の記事はすごく見応えがありました☆

すご~~く良い文章ですね♪

毎度のことながらペペル様の文の旨さはステキです☆

散弾ロマンとはまたなんて楽しい発見ですね!

P2Gでのディアやゲリョスを思い出します♪

いつか私も散弾ボウガン4人でクエにいてみたい☆

はたまた天国か地獄か♪
2010-05-18 12:24 苺狩り人 #- URL [ 編集 ]

こんにちは!

イントロの文章とっても良いですね~。
個人的に大好きです!(^▽^)ノシ
2010-05-18 14:16 PECO #TBe3fdzs URL編集 ]

お返事

>苺狩り人さんへ

今回はめずらしくたくさん書いたので、
好評していただけて幸いです^^

P2Gではキリンの角に有効だったので
トライの散弾も活用できるモンスはいないかと探してみましたw

散弾ガンナーはほとんど見かけないので、
4人だとどうなるんでしょうね?
実におもしろそうですw


>PECOさんへ

ひさしぶりに小説風っぽくなったので、
と言っても会話だけなんですけど、SSを加えて
なんとなく雰囲気がでるようにやってみましたが
気に入ってもらえて良かったです^^

PECOさんがときどき書かれている小説風タッチは
私のひそかな楽しみだったりしますw
2010-05-18 23:13 Pepelu #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://karyuudokitan.blog46.fc2.com/tb.php/235-32e8f721

 | ホーム |